FC2ブログ

04月≪ 2011年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/04(Wed)

奥武蔵グリーンライン~秘境の水を求めて~

5/4はツーリングに行ってきた。
場所は奥武蔵グリーンライン。埼玉では割と有名な林道である。
秩父方面は渋滞する事が分かりきっているのでDトラを出動させる。

国道299号の秩父方面は渋滞していると予想されていたので、県道30号線を越生町方面に向かう。
そして先ずは鎌北湖へ向かう。
走りやすい道を調子に乗りすぎない程度に走り到着。

鎌北湖
鎌北湖。それ程大きくはない。農業用水として利用しているとか。
駐車場に停めて歩いてみたが釣り人が多いくらいで特に見る所もなく直ぐに出発。

湧水1
したら、いきなり湧水発見。慌ててバイクを停める。

湧水2
風情もなくただ水を引いているだけだが、湧水を見つけたからには放っておけない(笑)
名前の知らない湧水GET。

そして奥武蔵グリーンラインへ。クルマでも問題なく走れる林道であるが
やはりこうゆう道はバイクに限る。
バイクに乗っていて良かったと改めて思える瞬間である。

そして黒山三滝へ向かう。
駐車場はクルマでいっぱいだったがバイクは問題なし。
まぁ、クルマも路駐してたしな。

15分ほど歩く。

天狗滝
先ずは天狗滝。実際目で見ても水が落ちる様子は見にくい。

男滝
少し離れて男滝。

女滝
男滝と連なって女滝。

男滝・女滝
上が男滝で下が女滝。同時に写すのは難しい。
天狗滝・男滝・女滝の三つで黒山三滝となるのである。

滝見物の後は再び林道へ。続いて関八州見晴台を目指す。
そして駐車場に着くと他のライダー達がいた。やはりオフ車が多い。
その中になんとマッハ?が!!
持ち主とはほとんどすれ違いだったがマッハの音を久しぶりに聞いた。いいなぁ。。

バイクを停めて山道を登って行く。
が、カナリしんどい。無理せず、休み休み登ればいいのだが、
せっかちな性格の為、早く登りたい。
汗だくになり見晴台へ到着。
頂上なのに風がほとんど吹いていない。暑っつ。

見晴台1
ガスっているのが惜しい。この時期は仕方ないのか。

見晴台2
関東一円が見渡せるらしいのだがどこ方面を撮ったのか忘れてしまった。

高山不動尊
高山不動尊。
以前より来たことは有るのだが、キレイに澄んでいる景色を見たことがない。
秋~冬でないとダメなのか。

駐車場に戻り一息ついていると二人のライダーが。
どうやらDトラに興味を持ったらしい。
知らないオジサン二人と三人で少しバイク談議。
バイク乗りで良かったと思える楽しい時間である。
一人の方は偽足を付けておられた。理由は聞かなかったがそれほどの怪我をしても
またバイクにまたがっている。お気を付けて。

再び出発し、寄居方面へ。目指すは日本水(やまとみず)。
?途中、見覚えのあるバイクが前からやってくる。

オレと同じ青虎ではないか!!

手を上げて挨拶している。こちらもすかさず手を上げる(嬉)

刈場坂峠、定峰峠をこえて到着。

水汲み場は整備されているのだが、あえて水源へ。
本当は水源は崩落の危険があって立入禁止なのだが、こっそり向かう。

日本水1
立入禁止の割には人の手が加わっている。

日本水2
今日の目的。非常に冷たく、お気に入りなのである。

日本水水源
岩の割れ目から染み出ている正に水源。
以前はもっとたくさん出ていたような気がする。

因みにこの水は先月、水質調査を行ったらしい。
例のセシウム・ヨウ素ともに検出されなかったとの事。
安心して用意した水筒に入れてミッションコンプリート。

後は帰るだけである。140号、254号へ向かう。
ずっと林道ばかり走っていたので気づかなかったが下界はエライ混んでいる。
こんな時期にクルマで秩父に向かうなんて大変である。
クルマ程ではないが渋滞の影響は受ける。
疲れながらも慎重に帰った。


※今日のDトラの燃費



44キロ!!!

スポンサーサイト
22:30  |  バイク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。